桃栗柿屋のリフォームブログ

住宅エコポイント 最長1年延長へ

投稿日:2010.08.10

こんにちは!代表の野々村です。

以下8月6日の日経夕刊より。

住宅エコポイント 最長1年延長へ
国交省方針 消費喚起を継続

 国土交通省は省エネにつながる住宅の新築・改修時に商品と交換できるポイントをもらえる住宅エコポイント制度について、12月末までの適用期間を最長で1年延長する方針だ。足元の景気は回復傾向にあるが、先行きは慎重な見方が根強く、引き続き住宅市場の活性化と消費喚起が必要だと判断した。温暖化対策を強化する狙いもある。

 住宅エコポイント制度は国交省、経済産業省、環境省が共同で取り組んでおり、3省合計で1000億円の予算を組んだ。国交省は来年度予算の概算要求に同省分として150億~300億円超を盛り込む方針で、経産、環境両省と調整に入る。来年1~3月分は予備費の活用など運用上の工夫で対応する。

 同制度でもらえるポイントは省エネ住宅の新築が一律30万ポイント、改修では断熱窓が2000~1万8000ポイントなど。1ポイントあたり1円分の商品などと交換できる。新築の場合は昨年12月8日~今年12月31日に着工し、今年1月28日以降に完了した工事が対象で、3月8日に受け付けが始まった。

 発行ポイントは約58億円分。6月だけで約43億円分を発行するなど、制度の認知度が高まりつつある。ただ国交省内では「適用期間が1年では政策効果が小さい」との意見が強い。

 省エネ家電の購入時にポイントがもらえる家電エコポイントも合計約1年7カ月に延長した経緯があり、住宅エコポイントも6カ月~1年延長する方向で協議する。ガス給湯器「エコジョーズ」など省エネ給湯設備の設置を対象に加えることも検討する考えだ。

再び野々村です(><)

エコポイントが延長されるのは有り難いことだが、

8月28,29日の県民リフォーム祭りのチラシに「エコポイントは年末まで」と書いてしまっている…。

印刷済み…。

それにしても行政の力は凄いと改めて思った。

メールでどうぞ FAXでどうぞ
このサイトを広める