桃栗柿屋のリフォームブログ

リフォーム会社 面接 

投稿日:2011.03.05

こんにちは、筋肉がついてきた代表の野々村です。

最近、面接をしています。

色んな人がいて面白いですね!

ネットに「面接の受け方」とかありますが、

その通りにされたら気持ち悪いですね。

一番大切なのは、その人の持っている空気感。

ですから、面接の受け方とか勉強してきても合格にはならないと思います。

「ちゃんとした人だったね」で終わってしまいます。

空気感ですから、

その人の先天的に持っているもの、生まれ育った生活環境、

その人自身の考え方によって育まれます。

まわりの生活環境が悪くても、

その人の考え方で素敵な人になっている方っていいですよね。

そしてその空気感を伝える能力、かもし出すのも大切です。

エネルギー量とでもいうのでしょうか。

エネルギー量がでかい人は、簡単に契約を取ってきます。

悪人でエネルギー量がでかい人はたちが悪いですね。

世間を騒がせます。

リフォームは人の財産をさわる仕事ですから、

責任感の固まりでないといけません。

日常のスペースを創造するわけですから、

親切な心が必要です。

お客様が楽しみにしてますから、期待してますから、

お客様以上にワクワクしていて欲しい。

もちろん思いやりは大切。人が好きでないとダメです。

建築が好きで、人はあまり…という建築家は最後はお客様と喧嘩になります。

私は人が案外好きで、凄く興味を持っています。

だから面接ほどワクワクすることはありません!

経営も好きです。会社は人ですから。もちろんお金も好きですよ。納税は嫌いです。

反面、もっと納税したろ~!とも思います。

利益を上げ持続可能な営みをし、いつまでも地元で頼りにされる存在になりたいものです。

うちのやっていることで、社内社外も含め、

多くの人に幸せになって欲しいと心から思っているのですが、

なかなかうまくいかないこともありますね(><)

だから楽しいのかも知れませんが…。

編集後記

前のブログで細マッチョになってきたと書きました。

4月に石垣島トライアスロンにチャレンジするためのトレーニングをしているからです。

水泳、自転車、マラソンと三種をこなすわけですが、

水泳の練習しか出来ていません(><)

でも、楽しみでワクワクしています!

メールでどうぞ FAXでどうぞ
このサイトを広める