桃栗柿屋のリフォームブログ

12月17日 体調管理は社会人として当然

投稿日:2011.12.17

こんにちは、代表の野々村です!

風邪をひいています。

経営者として失格です。

体調管理は大切な仕事のひとつ。

トライアスロンを始めてから体力はついたのですが、

体脂肪率が下がったのか、寒さを感じるようになりました。

寝るときは、

ノースフェイスの保温性の高いTシャツ、

その上にパタゴニアのフリースを着ます。

そして、冬山登山用の靴下を履いて寝ます。

靴下って、赤ちゃん用語で「たんたん」というみたいですね。

たんたんを履いて寝ています。

これではどんどん風邪をひきやすくなってしまします(><)

「40歳を過ぎれば、気力だけではやっていけないよ」と

先輩に言われたのがやっと分かるようになりました。

たばこは既にやめているし、

お酒も、そんなに飲みません。

健康のためにジョギングどころではなく、

トライアスロンをやっています。

持久系の運動をみなさんにお勧めしたいと思います。

長距離は苦手でしたが、40歳を過ぎてから始めるのはいいかも知れません。

トライアスロンを始めて、

何となく、良いスパイラルが回り始めた気がします。

同年代を見ていると、

悪いスパイラルに陥っている人もいます。

酒とたばこで、下腹部に脂肪がたまり、吐く息は臭い。

ついでにハゲ散らかしています。

で、発言は愚痴ばかり。

運動をして良いスパイラルに入ると、

体調だけでなく、スタイルも良くなり、

アイデアも、やる気も、エネルギーもどんどん湧き出てくる。

気持ちにもゆとりが生まれます。

心身を鍛えるというより、

整えるという感じです。

経営者だけではなく、

仕事をする人は、自分なりの体調管理方法を探して下さい。

最高のパフォーマンスを上げるために。

【あとがき】

本日、懐かしいお客様が来店してくれた。

瓦職人をやっていたときのお客様だ。

お会いするのは、12年振り。

気にかけて頂いていたようで、感謝です。

事務所に寄って頂いただけでも嬉しいのに、

仕事の依頼を頂いた。

心から感謝です。

その方は80歳。

見た目はさすがにおとしだが、

いたって健康で、全く悪いところはないとのこと。

「あと、20年はいけますね」といったら、

「100歳になってしまうがな」と笑っておられた。

「あと、10年は余裕でしょ」といったら、

「10年ぐらいは十分いける!」と。

素敵です!

ちなみに私は100歳までいきます。

今はまだ41歳。

折り返し地点にもきていません。

まだ何でも出来る!

楽しみです。

たまに、老後が不安だという人もいるが、

私には縁のない言葉だ。

私の人生に老後はありません。

メールでどうぞ FAXでどうぞ
このサイトを広める