桃栗柿屋のリフォームブログ

滋賀のリフォーム会社の社長です

投稿日:2011.10.08

こんにちは、

リフォーム&チャレンジ大好き代表の野々村です。

ここのとこ、

職人さんに販売促進費について話をさせてもらっている。

いろんな反応が返ってくるのはもちろん、

他の話も出来てとても有意義だ。

我々はお客様の役に立ち、喜んで頂き、

その対価としてお金を頂いている。

職人さんには、

それを技術をもって仕事として手伝って頂き、

その対価としてお金を支払っている。

当社はリフォームする人に、

いいものを提供するために販売促進をしている。

職人さんも当社も、儲かった方がいいに決まっているし、

お客様も品質的にも金額的にも、

満足してもらった方がいいに決まっている。

当然のことだ。

近江には「三方よし」という言葉があるが、

三方よしでない状況だったから、

戒めのためにその言葉が出来たのかも知れない。

「近江商人が歩いた後は、ペンペン草も生えない」といわれたそうだが、

その言葉が物語っている。

世の中は矛盾と妥協の塊だ。

だからこそ面白みがあり、味がある。

元請けとして奢ってはいけない。

搾取するような考え方はダメ。

当社の人間には、

職人さんから人として尊敬されるようになって欲しい。

「この人とは何があろうが、ずっと仕事をしていきたい」と

言われるようになって欲しい。

契約が取れるようになるのも成長だが、

人間性の成長を重視する。

全てはお互い様だ。

お客様とも、

お互いに「ありがとう!」という関係でありたい。

「俺は客だ!」と偉そうにする人は困るのだが、

有り難いことに、

当社のお客様にはそういった人はいないので、感謝だ。

お客様に感謝。

職人さんに感謝。

問屋さんに感謝。

社員に感謝。

それらの家族全てに感謝。

感謝教みたいで気持ち悪いが、

実際に感謝だ。

代表者として、

いい会社にしたいと常に思っている。

ちから及ばずのところは申し訳ないが、

常にそう思っている。

【あとがき】

宮古島のトライアスロン大会に申し込みました。

距離はスイム3キロ、自転車155キロ、ラン42.195キロのロングディスタンスです。

速い人で10時間、とりあえず明るいうちにゴールできたら御の字。

大会は来年の4月にあります。

人気の大会なので参加出来るかどうかは抽選になりますが…

 

ロングのトライアスロン大会は、国内は4大会しかありません。

そして「アイアンマン」という称号のつく大会は1つだけ。

 

そのアイアンマン70.3常滑に9月にチャレンジし完走。

この大会はスイム1.9キロ、自転車90キロ、ラン20キロでした。

 

トライアスロンを始めたのは今年の4月、石垣島。

スイム1.5キロ、自転車40キロ、ラン10キロです。

3月上旬に初めて1.5キロ泳げた時は、具合が悪くなり寝たのを覚えています。

人って変われるもんですね!

どんどんブレイクスルーしていけます。

将来は

「World Championshipアイアンマンハワイ」や

「アイアンマンオーストラリア」に出場します。


 

 

 

しかしながら、

時間をとられすぎないようにしないといけない。

仕事の方が大切だ!

メールでどうぞ FAXでどうぞ
このサイトを広める