桃栗柿屋のリフォームブログ

2月19日 愛荘町でリフォームするなら桃栗柿屋!

投稿日:2013.02.19

こんにちは、代表の野々村です。

一部致知から引用してお送りします。

 

今日はダチョウについて。

 

 

ダチョウは常識破りの鳥だ。 

 

彼らに規則性はない。
いつも何も考えず右へ左へ動き回る。
いきなり崖の頂上へ駆け上がったかと思うと、
パニックになり、足がすくんで動けなくなる。

 

また、一般的に鳥はきれい好きである。
毎日せっせと毛づくろいをし、
寝る前に水浴びをする鳥も多い。
体を清潔に保つことが、
病原菌から身を守ることを知っているのだと思う。

 

ところが、ダチョウは違う。
体の汚れは全く気にしない。
汚れたら汚れっ放し。
糞を付けたまま走り回っていることもある。
しかしそれでもダチョウの平均寿命は六十年。
破格の生命力である。

 

彼らは暇になると隣のダチョウの羽をむしりとるが、
そこにもなんの意味もない。
されているダチョウも何も気にせず餌を食べ続けている。

 

そこに血の匂いを嗅ぎつけたカラスが現れ、
餌だと思い、ダチョウの肉を喰い千切る。

 

縫合手術が必要だと思うくらいの重傷でも、
消毒をすれば三日後には皮下組織が復活し、
一か月後には新しい皮膚が再生する。

 

他の動物よりも細胞の動きが速く、

傷口から感染症になることがないのだから
免疫力も相当強い。

 

 

いかがですか…?

 

素敵だ。私もダチョウになりたい。

 

 

こだわる部分と、こだわらない部分の

バランスが重要です。

そうでないと人生しんどくなります。

 

 

 

私は社員に豊かな人生をおくって欲しいと思っています。

何が豊かかは価値観によって違いますが、

それぞれを尊重します。

 

 

もちろん、

仕事に向かい合う姿勢があることが前提。

 

休日の合間に仕事があるような人は認められません。

仕事に対して失礼です。

 

休みの間も仕事が頭から離れないのは

イヤだという人がいますが、

私にいわせれば、頭から離れるようなレベルで

仕事をしている人はイヤです。

 

 

何かを成し遂げる!

遊びではそれはムリ。

 

 

 

【あとがき】

冬山に登ってきました。

大雪山黒岳山頂と十勝岳山頂。

一部凍傷になりました。

IMG_4081

 

メールでどうぞ FAXでどうぞ
このサイトを広める