桃栗柿屋のリフォームブログ

3月7日 東近江市にて手摺設置工事、万十瓦葺き替え工事、内窓設置工事のご契約頂きました。

投稿日:2012.03.07

みなさん、こんばんは。昨日の暖かさはどこへやら・・・

かなりの寒さに現場では鼻水が止まりませんでした。

 

今週はご契約、そして着工も完工もグングン順調に頂き、進んでおります。

有難い限りです。

桜の咲く頃にはリフォーム後の新しいキラキラとした生活を

送って頂ける様、時間を有効活用していきますね。

 

さて、天気を見ながらの日野町M様邸の瓦葺き替え工事の様子↓です。

晴天に恵まれたこの日は、職人さんも5、6人で来てくれました。

この週は雨の日が多かったのですが、お陰で工程通りの進み具合です。

↓この天日を撤去・処分し、既存の瓦をめくると・・・!!

↓このように下に敷いてあった土が見えます。

瓦葺きのお家はがっしりと長年良く持つと昔から言われていますが、

なるほど、と思いますよね。土が接着剤の役目をしてくれます。

全て処分し、しっかり新しい土、下地に替えていきます。

今回の瓦は一文字と呼ばれる昔からある見た目も性能も

バッチリの瓦で、職人さんが事前に一枚ずつ並べ、

重なり具合を見、削り、しっかり組みあがるよう、番号を一枚一枚書いて

現場まで運搬されるのです。M様邸だけの特別な一枚一枚の瓦・・・

素敵ですね。完成が待ち通しいです!

 

後、同じ屋根上の工事で東近江市緑町のK様邸の

飾煙突のサイディング張替・塗装工事が完了しました。

↓施工前は四隅の角(出隅)と下部が劣化し、塗装部分が剥離していました。

↓施工後

曇り空で少しわかりにくいですが、無塗装のサイディング(外壁材)を貼り、

その上から以前と同じくツートンカラーにしました。

また晴れた良く見える日にK様に会いに伺おうと思っています。

この他にも、タイトルに紹介したT様邸の手すり設置工事や、

K様邸の万十瓦葺き替え工事、その他のご契約を頂いたりと足早な季節

より足早に過ごさせて頂いております。

また、来週も紹介します。では。

 

 

 

★編集後記★

この前の休みに、結婚式前の前撮り衣装を見に行ってきました。

和装は白無垢から始まり、色打掛、引き振袖、と色々試着しましたが、

重くて後半バテバテでした。本当に大変!!記念に少しアップしておきます。

  

この着物は桂由美さんのデザインで、やはりとても良いなあと思いました。

右の大柄黒地の方は天然ぼけの母親に『葬式に紅白まんじゅうやん』と言われ止めました。

こんなことで親孝行できるなら、娘は何でも着ますよ。という思いで一杯の一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールでどうぞ FAXでどうぞ
このサイトを広める