桃栗柿屋のリフォームブログ

5月15日 愛荘町のS様邸、浴室・トイレの解体工事が始まりました!

投稿日:2012.05.15

こんばんは!丸岡です!

 

近頃、紫外線が「目に見える程」とてもきついですね~~~。

日焼け止めを塗って対処しているのですが

首から上だけがどんどん黒くなり困っております。

近いうちに身体全体の日焼けにいかなければ・・。

 

 

さて、彦根市のH様邸では室内建具の硝子をアクリル板に交換しました。

H様は2年程前に工事させて頂いた、

東近江市のU様からのご紹介を受けたお客様です。有難いです。

綺麗に、そして明るくもなり、喜んで頂いております!

 

   

       左がアクリル板、右が和紙付の硝子板です

 

 

東近江市のK様邸では外壁塗装の工事中です。

杉板ですので浸透性のキシラデコールの2度塗りをしています。

築年数が20年弱なので、

外壁を永くもたせるならば塗っておかないといけない時期でなんですよ。

 

   

      足場をかけて、養生をして作業をしていきます

 

    

          パリサンダという、一番黒い色です

 

 

そして、愛荘町のS様邸では、ブロック造りの浴室・トイレの解体中です。

重機が入れないので、手作業での解体になり、けっこう大変です。

若さと気合と丁寧さで、順調に進んでおります。

 

    

       足場を組んで上のほうからはつっていっております

 

    

      疲れた顔も見せずに黙々とすすめております

 

S様邸は1月からご依頼を頂いており、

この5月からの着工で、夏までには完成できる予定になっております。

順調に、かつ、ご満足頂けるように進めていきたいと思います。

 

 

【あとがき

 

前回に続きまして、九州旅行のことを書きます。

福岡・博多からちょっと足を延ばして別府に行ってきました。

別府といえば温泉!

ここでは2つのユニークな温泉を紹介します!

 

まずは「別府海浜砂湯」。公共の砂の温泉です。

浴衣のみを着て、砂に埋めてもらって10分間。じっと横たわります。

温泉成分と、熱と、指圧のような効果で健康にいいそうです。

昔に、テレビでよく紹介されてたんです。懐かしい。。来れた。。

 

   

      砂×おばさんがテキパキと世話してくれます

 

   

                砂と岩男・・

 

温かい砂に埋まる感覚、中々よいです。

でも入浴時間は10分間だけなので、

もう少しのんびりさせてもらえると更にいいのになぁと思いました。

 

 

そしてもう1つがこちら。「別府明礬温泉 別府保養ランド」です。

なんと「泥湯」なんですよ!今までに入った中で一番個性的な温泉です!

「美肌効果あるわなあ~~」ってしみじみ思えましたね。

(混浴でもあり、画像は撮ってないので他のHPからお借りしてます)

 

      

  案内図から察っされる通り、施設は古いです。かなり。

  僕はこういうの好きですけれど。

 

      

    こういう渡り廊下を通って浴場に向かいます。

 

   

     浴場ロビー・休憩室です。気安いですね!OKです!

 

   

    混浴に行くまでにいくつかの浴槽がありました。

    まずここでびっくり!本当に泥です!

    滑っても転んでも大丈夫なように木で柵がしてあります。

 

       

   ここが露天風呂です。柵で男女は仕切られてますが「混浴」です。

   お湯に浸かっている部分は見事に見えませんので健全です。

   見晴らしがいいほうが女湯ゾーンの方角のせいか、

   男は女湯の方を向いて浸かっておりました。逆にするべき?いやいや・・。

 

   

お湯はぬるくて長湯しても大丈夫ですし、いかにもお肌によさげで

とてもいい気分でした。

個人的には小奇麗にきちっとした温泉より

ひなびた風情のある温泉のほうが好みなので、大満足しました!

 

 

さて、また次回!九州レポート続きます!では!

メールでどうぞ FAXでどうぞ
このサイトを広める