内装

1 / 212

【キッチン・内装施工例】段差解消!バリアフリーリフォーム

キッチン・内装

段差解消!
バリアフリーリフォーム

キッチン
 
 
150213_ninomiya_img01
工事内容

場所: LDK
価格: 約330万円
工期: 約3週間
 

お客様ご要望

キッチンと居間の聞に高い段差があるので、解消したい。
キッチンも古いので変えたい。

before

 
150213_ninomiya_img02

キッチンと居聞が一つになることで、空聞が広くなりました。天井と床には、しっかりと断熱材を入れ、
さらにサッシはペアガラスに!気密性がアップし冷暖房効果バッチリで、快適に過ごせます。

 
スタッフ石川

担当者から一言

 

キッチンの周りに物が多く収納にお困りでした。そこで、収納量の多いクリンレディをお勧めしました。キッチン横にも収納庫を設置し、キッチン周りはスッキリ☆以前は黒い壁で、暗い居間でしたが、白いクロスを基調に建具もナチユラルなものを使用したので、明るいLDKへと生まれ変わりました!

日に当たって床がボソボソになってしまいましたがどうしたらいいですか?

ジュータンをひく、または床を張り替える方法があります。また、キズ・汚れに強いUVカットの床材もあります。

廊下が暗い為明るくしたいです。

廊下の壁、天井を白色系の色彩にしてみて下さい。印象があかるく感じられます。また、どこか壁に開口がとれる場合、明かりとり窓を設置してみて下さい。

廊下と各部屋の段差をなくしたいのですが?

段差スロープという製品がありますので使用してみて下さい。又廊下の床を上げ段差をなくす方法もございます。

手すりを取付けるには壁の補強が必要ですか?

手すりにかかる荷重は、その人の体重の約3倍と言われ、壁を補強しないと手すりは取付けられません。
また、手すりは、伝い歩きをするところでは横型。立ち上がる動作を支える所では縦型、L型は横の部分をつかんで体を安定させ、立ち上がる時は縦の部分で体を支える、と言った特徴に応じ、場所に応じた取り付けが必要です。
また、下地不要のベース材とセットになった手すりも最近はでています。

階段のキズが目立ってきたのですが?

方法としては、掛け替え以外にも塗装したり、カーペットを貼るなどありますが、最近は既存の階段の上から貼れる木質材がでています。ノンスリップもセットになっており安心です。
工事の際に、手すりも一緒に検討されることをおすすめします。

収納を中心としたリフォームを考えていますが、家具は造り付けとユニットとどちらがいいですか?

造り付け家具は、スペースや物に合わせてピッタリ造れるのが魅力です。
ただ、注文してから時間がかかる、躯体に造り付けてある場合は移設ができない、コストがかかるなどのデメリットもあります。材料によりかなり金額的にもかわってきます。
ユニット家具は、造り付け家具ほどスペースを有効活用はできませんが、工場生産品の為、品質もよく、安価、あとで買い足したりも可能です。いろんな面から比較検討が必要です。

デッドスペースを利用して収納を増やしたいのですが?

小屋裏空間や階段の下などが、まず、挙げられます。また、1階だけでなく、2階に設置可能な床下収納も種類が豊富に出ています。

リフォームで床暖房にできますか?

温水式と電気式の2種類に大別できます。
温水式は、熱源はガスか電気か灯油です。給湯器やボイラーで温水をつくり、それを床下のパイプに通しパイプから伝わる熱で床を暖める仕組みです。
電気式は、床下のヒーターに電気を通し発熱させて暖房する仕組みです。一般にマンションや使用日数の少ないケースでは、電気式が有利です。
リフォーム用として、ヒーターとフロアが一体となった既存フロアーの上から施工できるような商品も開発されています。

畳は何年で取替が必要ですか?

2年ごとの裏返しで4年の表替が基本と言われていますが、日頃のお手入れで変わってきます。
畳替えは、傷みが少ない場合で15年~20年位です。

1 / 212
メールでどうぞ FAXでどうぞ
このサイトを広める