桃栗柿屋のリフォームブログ

長浜市でリフォームするなら桃栗柿屋!!

投稿日:2013.08.22

 

こんにちは!代表の野々村です。
本日も致知からお送りします。

致知に興味のある人はこちらhttp://www.chichi.co.jp/

 

 

 

今回は、稲盛和夫(京セラ名誉会長)さんの

「幸運に恵まれるには?」です。

 

       

仏教には「思念は業をつくる」
という言葉があります。

 

業はカルマともいいますが、思ったり念じたりすると、
仏教でいう因果応報の因をつくります。

 

 
業は原因ができると、必ず現れてきます。
因果応報の応報です。

 

世のため人のために尽くそうなどという、
大上段に振りかぶったようなことをいう人があると、
インテリであればあるほど
それをせせら笑う人が多いようです。

 
しかし、世のため人のために尽くそうと
いうことぐらい立派なことはありません。

 
私たちそれぞれが生まれてきた人生の目的は、
世のため人のために尽くすことです。

 
一燈照隅といいますが、
どんな人でも素晴らしい役割を持って
生まれてきたわけです。

 
その役割を通じて、世のため人のために
尽くすことが大事なことなのです。

世のため人のために尽くそうとすることによって、
自分の運命を変えていくことができると思います。

 
同時に自分だけよければいい、
という利己の心を離れて、
他人の幸せを願うという利他の心になる。

 
そうすれば自分の人生が豊かになり、
幸運に恵まれる、ということを
仏教では説いているのです。

天台宗の山田恵諦(えたい)座主に生前
何度かお目にかかってお話をさせていただく
機会がありました。

ある時、「忘己利他」という言葉を
教えていただいたことがあります。

私はこれを「もう懲りた」と読むようにしています。

 
そして自分だけよければいいという考えには、
もう懲りたというように思ってきました。

 
そう思うことが人生を豊かにしていく基だと、
安岡正篤先生からも教わったからです。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

先日、サマーホリデーというボランティアに参加してきました。

障害のある方を見守り、一緒に遊びました。

なかなか大変でしたが、多くの学びもありました。

利害の関係なく、シンプルにお役に立つ。

 

自己満足とかそんな薄っぺらい価値観ではとてもできません。

 

「自分はまだまだ未熟である」ということを

思い知らされました。

 

 

 

【あとがき】

 

お店改装中!

 

みんなの、みなさんのお陰です。

感謝、感謝です。

IMG_8759

IMG_9121

IMG_3616

 

メールでどうぞ FAXでどうぞ
このサイトを広める