桃栗柿屋のリフォームブログ

長浜市でリフォームするなら桃栗柿屋!

投稿日:2012.11.24

 

こんにちは代表の野々村です!

 

こんなニュースを23日に読んだ。

「格付け会社フィッチ・レーティングスは22日、

ソニーとパナソニックの長期信用格付けを引き下げ、投機的水準と位置付けた」

 

かなりショックである。

 

ウィキペディアによると、

「投機(とうき)とは、短期的な価格変動の目論見から、

利ざやを得ようとする行為」と書いてある。

 

日本を代表する2社が、利ざやをえるレベルとされているのだ。

 

パナソニックもソニーもテレビ需要の低迷と、円高で悪化した。

時価総額が1兆円を割ったソニーは、

買収の可能性もあがっている。

 

とはいえ、あくまでも自己責任だ。

お客様の信頼が遠のき、余計に買わなくなる。

政治が悪いとはいえ…。

海外の投資家は、日本の経済よりも政治を残念がっている人が多いらしいが。

 

当社も消費税需要が終わった後の事を考えて行動していきたい。

 

2社は、信用力回復のためには、大胆な構造改革が必要だということだが、

当社は今からやっていくべきなのだろう。

持続可能な会社が、お客様からの信頼のベースだ!

 

【あとがき】

 

ロタ島にトライアスロンにいってきた。

ホテルの相部屋の仲間と親しくなり、チームとして行動していた。

 

真ん中はSCOTT、外国法事務弁護士。

六本木ヒルズで仕事をしている。

 

左は、IT関係のCEO

早稲田の水泳部出身で、スイムが凄く早くかっこいい。

 

右が私、ナンバーは67番

身長だけ勝っている!

 

メールでどうぞ FAXでどうぞ
このサイトを広める